記事一覧

私の独り言 - 廣瀬 信弘 ((株)ジメント)(2006年09月13日 更新)

KPIC会員の皆様、「ヒロセです。」(ヒロシではありません)
最近、このフレーズが妙に気に入っています。はじめまして、廣瀬信弘と申します。 あまり話した事のない方が多いと思いますが、今後とも宜しくお願いします。

「何でもいいから」と先輩から頼まれ、投稿を引き受けてしまいましたが、何を書こうか、 今書きながら非常に悩んでいます。(文が浮んできません。こまった?)悩んでいてもしようがないので、 「ささやき」と言うか、私のかってな独り言を述べさせて頂きたいと思います。

まずは、私の自己紹介をします。1956年生まれ、松橋町出身です。都会に憧れ大学から、 東京に行き、仕事もしていました。平成元年に長男という事で、熊本に帰ってきました。 最初は、建築現場の仕事をしていまして、今の構造設計は26歳になってから始めました。 現場の仕事をしている頃は、主筋・配力筋の意味すら分からなかった状態でした。 そんな私が構造設計の仕事をしていると思うと不思議でなりません。 今思えば、この現場の仕事が構造設計に非常に役に立ってるなと思っています。 帰ってきてしばらくは独立して東京・熊本を行き来しながら東京の仕事を一人でやっていました。 その後縁あって、今のジメントでお世話になっています。

東京に行った当初は、活気、人の多さ、便利さ等、楽しい事ばかりだったのですが、 仕事が忙しくなるに連れて遊ぶ時間・人と会う時間が少なくなり、だんだんせわしく寂しい気持ちになってきました。 今は、熊本の人の良さ、のんびりとした雰囲気がとても気に入っています。やっぱり生まれ育った所ですよね。

最近の話題と言えば、新聞・TV等で盛んに言われているアスベスト問題ですね。我々の仕事柄、離れられないですよね。 建物に今まで使ってきたわけだし、今からは、解体現場、建物調査等で色々と注意しないと恐いですね。 私の住んでる近くに、石綿鉱山があり昔作業していました。 小さい頃、”おんじゃく”?(土に白線を書く石)を取りに行ったりしてました。 今思うと心配です。

最近仕事をしていて困ったことがありました。 ある所で、計算書の中身について「誰でも(素人でも)わかる様な説明資料を作ってほしい」と要望がありました。 なんとか作りましたが、説明資料の説明資料が必要という具合でなかなかうまくいきませんでした。 きっと、会員の皆様は、うまくやられていると思います。 何か、いい手立てでもありましたら、お教え願えれば有難いです。 長年勉強してやっと理解できたものを、誰でもわかる資料と言われても困りますよね。

また、最近やたらと何でもスピード化して戸惑っています。コンピュータの性能は上がるし、 ソフトもグレードアップしてます。Ver.UPできてないのは、私だけではと思ったりしてます。 周りがどんなに良くなっても、私だけ性能がよくならなければ仕事速くなりません。 カメさんかもしれませんが一歩一歩着実に進んでいこうかと思っています。

色々と、かってに独り言を書いてしまいましたが、「何でもいいから」という言葉に甘えまして、 ご容赦願いたいと思います。

最後に、会員の皆様の今後の御活躍及び御健勝を祈りまして終わりにしたいと思います。

(2005年12月掲載)