記事一覧

まだまだ若輩技術者ではありますが…。 - 赤星 靖 ((株)岩永組 建築部)(2006年09月13日 更新)

はじめに

私、この4月に15年勤めたゼネコンを退職し、郷里である熊本にUターンして参りました。 前の会社での経歴の内訳は、通常の設計監理業務8年、省力化技術(PCaなど)の開発設計4年、技術コンサル3年といったところでしょうか? 少し変わったところでは、ソフトウェア会社との解析ソフトの共同開発や東南アジアのタイでの鉄骨整作と寄り道も多く、何が得意分野なのかと聞かれると、返答に窮してしまうこともあります。

ということで、まだまだ若輩技術者にすぎない私ですが、これまでの拙い経験と若手の指導等を通じて感じたことを書くことに致します。

構造センスの欠如

私が、構造設計の世界に飛び込んだ15年前は、パソコンもあまり普及しておらず、 大型電算機を使った解析業務も、非常に非効率的で気の遠くなるような作業でした。 丸3日間電算を回した後、データミスに気づき、最初からやり直しなんて日常茶飯事でした。 しかしながら、手計算での確認作業を通じて、構造のオーダー感覚、 つまり、構造センスみたいなものが次第に身についていったように思います。

月日が流れて現在、高性能なパソコンが登場し、複雑な検討も短時間に可能となりました。 今や、とにかく繰り返し計算を行って、エラー項目をつぶしていくことで、 確認申請に提出できる程度のものを作成することにはそれほどの専門知識は必要ないように思います。

デティール無視の鉄骨断面や自動計算結果をそのまま反映した配筋リスト、意味不明の構造スリットなどを見るにつけ、 構造センスの欠如を憂う今日この頃です。 いや、むしろ構造設計者不要の世界がそこまで来ているのかもしれません。

構造技術者の地位向上

相変わらず、「縁の下の力持ち」のイメージが強い構造部門ではありますが、 最近になって、多少、市民権(?)を得て、日のあたる場所に出る機会が増えてきたのは、ある意味喜ばしいことです。 ただ、それが、バブル崩壊以降の躯体のローコスト追及と先の阪神淡路大震災に対する反省の副産物によるところが大である というのもいささか皮肉めいています。

ご存知のように、現行の建築基準法は中途半端な性能規定型の手法を取り入れたにすぎませんが、 将来の構造設計は、間違いなく確率論に基づいた最適設計に向かうものと確信しております。 私自身、40才を過ぎての勉強は辛いものがありますが、 構造技術者ひとりひとりが、日々研鑚に励み、その地位向上に努めていく必要があります。

無論、JSCAやKPICの今後の動向にも期待したいところです。

我々はどこに向かうべきか?

この3年間、技術コンサルを通じて異業種のエンジニアと接する機会に恵まれました。

例えば、有限要素法という手法は色々な分野で利用されておりますが、 自動車の衝突試験装置基礎の衝撃荷重解析、工作機械振動の地盤伝播解析、冷凍倉庫の熱応力解析など、 それぞれの分野の専門家と連携して作業を行うことで、 互いに不足している知識を補完しあいながら作業を進めていくことの面白さを発見することができました。

また、国際化というキーワードも忘れてはなりません。

APEC技術者認定制度など、異国間での有資格者の相互認証のための具体的な動きはあるものの、 日本の建築技術者が、マネジャーとして海外でバリバリ仕事をこなせるような土壌は、残念ながら多くはありません。 これは、単に語学力というハンデだけの問題ではないように思います。

個人的には、ハワイ辺りに生活の拠点を移し、SOHO環境での在宅勤務を夢見ておりますが、果たして実現する日が来るのやら。

今後は、部門や国籍といった自らのテリトリーを開放し、幅広く活躍の場を広げていくことが、 構造技術者に求められていくのではないでしょうか?

我々はどこに向かうべきか?さてさて、若輩技術者の悩みは尽きません。

(2004年11月掲載)